メニュー

クロストーク上司・部下 - 寝具、枕、布団のことなら東京西川チェーン 東京FUTON COMPANY

お問い合わせ

クロストーク上司・部下

マネージャー × 店長 × 入社二年目

衝撃の暴露あり?同じ現場で働く社員にそれぞれの成長や今後への期待について話し合っていただきました。

ohnami

大波亮太
(リーダー・武蔵小山店)

takugawa

滝川健一
(統括マネージャー兼小杉店 店長)

watanabe

渡邉航太
(武蔵小山店 店長)

pd3 b

Theme01それぞれの立場と仕事内容

イン: それではマネージャーから順番にお願いいたします。
滝川:

統括マネージャーと小杉店店長をしております滝川です。

マネージャーとして、3店舗(小杉店/武蔵小山店/大山店)の店舗を管轄しています。

 

具体的には店長に運営上のアドバイスをしたり、店舗売上目標に対する進捗を確認し一緒に戦略を練ったり…若手の店長達をフォローしていく仕事ですね。

渡邉:

入社5年目、武蔵小山店店長の渡邉です。店舗の運営管理、スタッフの管理、店舗売上の管理を行っております。

一言で「店舗運営」と言っても、売り場づくりや販売促進の内容を考えたりと多岐に渡りますね。

社員、パートスタッフの育成というのも店長としての大事な仕事です。

大波:

武蔵小山店でリーダーを務めております入社2年目の大波です。

お客様対応、売り場への商品補充や陳列、商品発注などの在庫管理をはじめとする店長のサポートをしています。

また店長不在時には、店舗責任者として予算計画をもとに店舗売上目標達成のために行動しています。

お互いの第一印象

滝川:

本当に一番最初の印象で言えば、渡邉店長は…嫌なやつだなって(笑)

大波:

それはどういう…(笑)

滝川:

毎年内定者の皆さんには年末に忘年会へ参加して貰っているんですが、そこでの自己紹介が、

「もう何度もしているので言いません、よろしくお願いします。」って感じで(笑)

渡邉: その当時は本当にすみませんでした…。
イン:

若気の至りというやつでしょうね(笑)

滝川:

大波さんに関しては学生なのにしっかりしてるな、って印象。

てきぱきと動いてくれるなっていうのは最初から思ってましたね。

大波:

滝川マネージャーと最初にお会いしたのは入社前にアルバイトとして武蔵小山店に入ったとき(※入社前の半年間アルバイトとして勤務していた)ですね。

20歳近く年の離れた人と仕事として接するのも初めてだったのでちょっと不安だったんですが、想像と違って気さくで優しいかったのを覚えています。

 

渡邉店長と初めて会ったのは二次選考の面接だったと思うんですが、最初はお若いので店長だと思わなくて

…後で店長と聞いてすごいなぁ、と。

渡邉:

第一印象というか、今もそうなんですが、滝川マネージャーは暗いときがない。

もちろん大変なこともたくさんあると思うんですが、それを見せないので。それはいつもすごいなと思っています。

 

大波さんに関しては、すごく真面目そうだなって。実際そうなんですけど。

あとはまわりを良くみてくれてるなと思います。

ちょっと自分と似てるというか、大波さんはもっと自分の考えを言っていいんじゃないかな、と入社当時から思ってます。

滝川: 確かにね。縁の下の力持ちになろうとし過ぎないでいいかなって思う。

pd3 f

Theme02部下の仕事ぶりや成長

イン:

それでは、次の質問へ。

それぞれの部下の仕事ぶりや成長した!と思う点について教えてください。

滝川:

大波さんは周りをよく見て行動してくれるよね。

逆に言えばもっと自分のキャリアや将来のために行動してほしいなと。

 

それが結果的には会社全体の力になるので、もっと積極的に自分を磨いてほしい。

滝川:

渡邉店長に関しては、相手の年齢や性別問わずにまとめるのがうまいなと。

特にうちのパートさんは年上の女性も多いし、なかなか接し方が難しいと思うんです。この店長のためにも頑張ろうって思わせる人柄があるんじゃないかな。

 

その良い部分が店長職を務める中でさらに成長したように思います。

イン:

では、渡邉店長から見た大波さんの仕事ぶりはいかがですか。

渡邉:

先日、貸店舗を借りて大きなセールの企画を行ったんですが、その総責任者として大波さんに段取りや商品管理、人員配置などの管理を任せたんです。

その時に全体を見つつ、各スタッフへの配慮を忘れない姿勢がすごく良いなと思いましたね。

滝川:

うん、いままで指示されることはあっても指示を出すという業務はあまりなかったからね。

セールの責任者を任されたことで、まとめ役としての立ち回りを身に付けられたことは大きな成長ですね。

渡邉:

あと、密にお客様とコミュニケーションが取れるようになってきた。

お客様の方から話しかけてもらったり…最近よく差し入れとかも貰うよね(笑)

自分が直接お話ししたことないお客様でも顔や名前を覚えてたり、すごく大事なことだと思う。

滝川:

あと販売のロールプレイング(※スタッフ同士で行う接客の練習)もね。社内のロープレコンテスト1位だったもんね!

お客様対応の丁寧さとか感じの良さにはもっと自信をもっていいと思うよ。

pd3 c

Theme03今後の目標と期待

イン: それでは最後に、今後の目標と部下へ期待することを教えてください。
大波:

まずは自分の個人売上目標を達成することです。

 

あと渡邉店長は自分で仕事を片付けてしまうところがあるので、もっと頼ってほしいというのはありますね。

 

ですので、積極的に仕事を任せていただけるような人間になりたいです。

渡邉:

武蔵小山店としてまだどの店舗も達成したことがない年間店舗売上2億円を達成したいです。

 

あと、マネージャーの接客を見ているとやっぱり商品の良さを伝えるのが上手い。

お客様のお悩みを聞いた後に、どうしてこの商品がお客様にとって最適なのかを的確にお伝えしているのでお客様も安心できる。そういった部分はもっと自分も頑張らないとなと思います。

 

大波さんに対しては、マネジメントや販売についてもまだまだ教え切れていないこと がたくさんあるので、どんどん吸収していってほしいと思います。

滝川:

マネージャーとして、堅実かつ常に安定した大きな利益を出せる店舗を増やしていきたいですね。

渡邉店長には私が店長の時の店舗売上最高記録を早く塗り替えてほしいな!

 

大波さんにはもっともっと先を見据えた仕事をしてほしいですね。

そのポテンシャルは十分にあるので、目先の業務ばかりに囚われず、もっと自分の能力を伸ばしていってくれればと。

イン:

ありがとうございました!

Copyright ©株式会社開成商事 All Rights Reserved.